ソーラー発電

ソーラー発電の設置費用を可能な限り抑える方法を大公開!

太陽光発電の原理

 

太陽光発電の原理について。
太陽光発電は、分かりやすくいうと太陽光によって電気を使います。
もちろん、太陽光をそのまま電力として使うのではなく、
電力に変換してから、各部屋へと電気を送ります。
この電力変換を、パワーコンディショナーによって行います。

 

 

 

もっと詳しく原理を説明すると、
太陽光発電の中心となっている太陽電池が、太陽の光を吸収し、
電気に変換します。
シリコンなどの半導体で作られており、
これが太陽の光に当たることで、日射強度に比例し、発電します。
太陽電池は、p型とn型という2種類の異なる半導体を重ねたもので、
太陽の光が当たることで、電子(-)と正孔(+)が発生します。
そして、正孔はp型半導体へ、電子はn型半導体へと引き寄せられていきます。
表面と裏面の電極に、負荷を与えることで、電流が流れはじめ、
初めて電気として使うことができるようになります。

 

 

 

太陽光発電は、創った電気をそのまま
家庭用電力として使うことができるのが、大きな特徴です。
また、余った電力は売電といって、電力会社へ売ることができます。

 

 

これが、おおまかな太陽光発電の原理になります。

 

太陽光発電 神奈川

 

太陽光発電の効率について。
太陽光発電システムは、
ご存知のとおり太陽の光を使って電気として使える・・・
というイメージを持つ方が多いと思います。
おおまかなことは合っているのですが、
正しくは太陽光をモジュールで電流に変換し、
パワーコンディショナーを使って家庭用電力に変換していきます。
電気として使えるまでに、
さまざまな工程を踏んでいるのが分かると思います。
決して、太陽光で電気を作り、そのまま電気が使えるわけではないのです。
また、太陽光発電システムといってもひと口にさまざまで、
製品によっては電力への変換性能が異なります。

 

 

 

そこで、「変換効率」によって比較をしていきます。
変換効率とは、JIS規格の数値で、
元のエネルギーをどれくらい電気に変換できるかを
知ることができる数値になります。
たとえば、1000Wなら変換効率は100%ということになります。
少し簡略しすぎましたが、1000Wの光エネルギーを
そのまま変換できるのであれば、100%になるというわけです。

 

 

 

ちなみに、主要メーカーの変換効率は以下の通りです。(変換効率)

 

 

・シャープ(16.50%)
・三菱(16.6%)
・東芝(19.30%)
・パナソニック(18.20%)

 

 

変換効率だけを考えると、東芝の変換効率はずば抜けていますね。

 

東芝 太陽光発電

 

太陽光発電の確定申告について。
太陽光発電は、一定以上の所得が出ると、
確定申告の手続きを行わなければいけません。

 

 

そもそも太陽光発電は、売電収入といって、
発電した電力を逆潮流させる手続きを行い、
造られた電力の残り分は売電されます。
要するに、太陽光発電を導入すると
必然的に売電収入が発生するというわけです。
一般家庭の人にとって、「確定申告」はあまり馴染みがないと思いますが、
太陽光発電を導入した以上、一定以上の所得が発生すると必要になります。
ですから、確定申告についてある程度知っておきましょう。

 

 

 

太陽光発電で確定申告をする場合、
一定の所得以上が出た場合と書きましたが、
その費用は20万円を超えた場合になります。
ここで注意してほしいのは、売電収入ではなく、
「所得」であることです。
収入から必要経費を差し引きしたものになります。

 

 

もちろん、すべての一般家庭が
太陽光発電を導入=確定申告が必要というわけではありません。
あくまで“一定の所得以上が発生した場合”のみですから、
基本的には確定申告をする必要はありません。